art NPO link

全国アートNPOフォーラムin別府

  • 2006年、全国アートNPOフォーラムは、青森市と別府市の2カ所で開催いたしました。
    別府フォーラム、青森フォーラムは終了しました。

    全国アートNPOフォーラム in 別府 開催概要
    アートでまちを、新しいアートのあり方と未来を、市民とともに考える。

       ▽ 申込方法   スケジュール・内容24日25日26日


    ウェブ  http://www.beppuproject.com

    日時   2006年11月24日(金)〜26日(日)

    会場   ホテルニューツルタ
         別府観光港第3ふ頭関西汽船2F
         別府市営 竹瓦温泉 2階
         B-Con PLAZA
         ほか

    アクセス 全体マップ(PDFデータ)
         受付周辺マップダウンロード(PDFデータ)

    料金   一日券 ¥2,000(学生 ¥1,500)
         二日券 ¥3,500(学生 ¥2,700)
         三日券 ¥4,800(学生 ¥3,800)

    予約開始 10月9日(月)

    チラシ
         (トップ画像|JPEG)

    趣旨
    「全国アートNPOフォーラム in 別府」は、アートNPOの活動を紹介・検証し、各団体が協働する具体的な仕組み作りの提言を掲げ、未来へとつなげていくフォーラムです。
    BEPPU PROJECTは、2008年を目標として大型国際現代芸術フェスティバルの開催を目指しています。この国際芸術フェスティバルは、国内のさまざまな団体と、地域や分野を超えて協働する意志のもとに運営・開催されるものです。
    今フォーラムは、2008年のフェスティバル開催に向かう公開打合会としての意味も含んでいます。
    さらに、このような協働のあり方によって今後国内の様々な地域で、同様のフェスティバルが継続して開催されるならば、日本の市民活動体のあり方が大きく変化していくことでしょう。
    今年、大分県別府市で開催する「全国アートNPOフォーラム in 別府」は、そのための最初の一歩として記憶されるものとなります。


    スケジュール・内容(2006年8月20日現在・予定)
    事情により、出演者、プログラム、会場等を急遽変更する場合がありますが、その際はご容赦ください。
    (敬称略)

    ▼ 1日目|2006年11月24日(金) 「現在」
    第1回全国アートNPOフォーラムin神戸から4年。あれからアートNPOの状況はどうなったのか?

    オープニングセッション
    18:00〜19:45 「なぜ、いまアートNPOか?」
    会場     ホテルニューツルタ・バンケットホール鶴の間
    パネリスト  佐東範一(NPO法人 アートNPOリンク 理事長 / NPO法人 JCDN 代表)
           山出淳也(NPO法人 BEPPU PROJECT 代表)
    モデレーター 甲斐賢治(NPO法人 記録と表現とメディアのための組織[remo] 理事)

    20:00〜22:00 ウェルカムパーティー

    ▼会場風景
    フォーラム初日は、現地主催者と来賓あいさつからスタートしました。オープニングセッションでは、別府市を拠点に地域に根ざした活動をつづける現代アーティストでありBEPPU PROJECTの代表でもある山出氏と、JCDNとリンクの二つのネットワーク型NPOで理事長をつとめる佐東氏、モデレーターとして甲斐氏を交えた鼎談形式となりました。
    多様な主体が、さまざまなアート振興をそれぞれの立場、地域、視点、関心事などから担えることに幅広さがあり、それこそがNPOならではの活動であること、さらに地域にとってその多様性がいま必要とされていることなどが確認されました。

    ▼交流会・ゲスト
    別府の飲屋街で現役で活躍する流しのミュージシャン、はっちゃんぶんちゃんが交流会を盛り上げてくれました!! さすが観光都市別府、盛り上げ方がうまい!!


    ▼ 2日目|2006年11月25日(土) 「過去」
    別府を代表する3つの地域を巡るフォーラム。無料バスによる移動(ガイド付き) 集合時間=9:15 集合場所=JR別府駅東口

    10:00〜11:30 Stage1 生まれる場所、入り口
    「アートで地域は変わったのか?」
    会場     別府観光港第3ふ頭関西汽船2F
    パネリスト  小見純一(前橋芸術週間 代表)
           三澤 章(NPO法人 あおもりNPOサポートセンター 常務理事)
    モデレーター 下山浩一(NPO法人 コミュニティアート・ふなばし 理事長)
    「港」という、外部の文化や人、モノや価値が流入してくるまちの入り口でありながらもまち自体には属さず、中間に位置するこの場所でアートNPOの「過去」 から続く「現在」に着目し検証していきます。

    12:30〜15:00 Stage2 まちを歩いて体感する
    「町に宿る力」
    会場     鉄輪(かんなわ)地区一帯を各自で散策
    受付     富士屋ギャラリー
    地球の内部から沸々とあふれ出す温泉、そして湯けむりは、大地の持つ無限のエネルギーそのものです。温泉が持つ公衆浴場としての機能は、人と人が出会い語らい、異なる価値を共有するという現象をイメージさせ、多面的な意味や表情を持つアートとリンクします。
    このセッションでは、パネリストによるフォーラムではなく、大地のエネルギーを体感し、まちを歩き、出会うことを基本コンセプトとしています。

    オプション  まち歩き(NPO法人鉄輪湯けむり倶楽部によるナビゲート)
              参加費=700円(豚まん、卵、サツマイモ付き。ただし予定)
           地獄蒸し昼食(温泉の蒸気を利用した蒸し料理)
              昼食費=1,300円(魚介、山菜など)

    16:00〜18:00 Stage3 温泉と公民館〜コミュニティの原型で開催されるセッション
    「多文化共生へ」
    会場     竹瓦温泉2F 元町公民館
    パネリスト  加藤種男(アサヒビール芸術文化財団事務局長)
           鶴田浩一郎(NPO法人 ハットウ・オンパク 理事長/
                        ホテルニューツルタ代表取締役社長)

    モデレーター 荻原康子(社団法人 企業メセナ協議会 シニアプログラムオフィサー)
    グローバリズムという名のもとに価値観の統一が図られつつある現在、アートの重要性がこれまで以上に高まっています。アートは、人々に変化を容認する心、価値観の多様性を訴えかけ、それぞれの根底にあるアイデンティティーの再発見を促します。
    裸になって武器も持たず、様々な人種や考え方が混在する混浴温泉の考え方をベースとしてこのセッションは企画されます。


    ▼会場風景・別府観光港第3ふ頭関西汽船2F
    「別府のまちは、港からはじまった。」別府の昔に思いを馳せて、海が見え、船が見えるこの場所を『起点』ととらえ会場としました。写真の奥には、船を待つ乗船客の姿もみえます。
    このセッションでは、先の全国アートNPOフォーラムの開催地から前橋と青森のNPO当事者に登壇いただき、アートを通して地域を見たときにどのような可能性があるのか、アートによって何をしようと思っているのかについて語っていただきました。とくに前橋では、フォーラム後にさまざまなアクションがうまれはじめており、注目が集まりました。

    ▼まちあるき「町に宿る力」
    関西汽船のある港から垂直にまっすぐ山に向かうと、地面から立ち上るたくさんの湯煙で有名な『鉄輪(かんなわ)地区』があります。大地のエネルギーを体感し、迷路のように入り組んだ町を周遊し、別府の温泉街の魅力に触れました。また、豊富な湯煙を利用し、地元の山海物を蒸した『地獄蒸し料理』を食しました。温泉の独特の香りと新鮮な山海の恵みを味わう、文字通り地球が宿したエネルギーを堪能することになりました。周遊のバス車内では、地元で育ったBEPPU PROJECTのメンバーがバスガイドを担当。じつはバスガイドは、ここ別府が日本で最初だそう。

    ▼会場風景・竹瓦温泉
    鉄輪からバスで15分ほど海に下ると、今度は竹瓦の温泉街があります。この会場は公民館。なんと別府では公民館は温泉の2階にあるのです。これぞまさしくコミュニティの完全形態! 文字通り地域の人々のはだかの交流がここにはあります。別府市内の各町には、自治会が運営する温泉が地区毎にあり、地元の人たちが毎日温泉を楽しむことができるそうです。
    このセッションでは、いま失われつつある「はだかの付き合い」になぞらえ、多文化共生について根源的な想像力・創造力をもつアートを通して語りました。パネリストは、片や全国のさまざまなアート団体やアーティストを見続けてきたアサヒビール芸術文化財団の加藤氏、対するは別府で温泉ホテルを経営し、観光NPOの草分けオンパクの鶴田氏という異色の組み合わせとなりました。



    ▼ 3日目|2006年11月26日(日) 「未来」
    未来のビジョンが語られ、それを具体化するための様々なアイデアが交差する場。

    10:00〜16:00 「協働する未来へのビジョン」
    第一部「未来へのビジョン」 10:00〜11:30
    会場     B-con PLAZA 国際会議室
    パネリスト  大場陽子(作曲家/GOTEN GOTEN アート湯治祭参加アーティスト)
           相馬千秋(NPO法人 アートネットワーク・ジャパン/
                        東京国際芸術祭(TIF)・国際プログラム担当)

           やまぐちくにこ(NPO法人淡路島アートセンター/
                        淡路島を耕す女(事務局兼企画担当))

    モデレーター 芹沢高志(P3 art and environment エグゼクティブ・ ディレクター)
    第一部では、全国各地で開催されているNPO型アートフェスティバルについて報告し、未来への展望が語られます。

    第二部「2008年に向けて」 13:00〜16:00
    コメンテーター 予定
    ファシリテーター 芹沢高志
    第二部では、BEPPU PROJECTが考える2008年のビジョンがプレゼンテーションされ、具体的な打ち合わせや討議を公開で行います。
    2008年に別府で何が起こるのか!? 日本はどう生まれ変わるのか!?


    ▼会場風景・第一部
    別府市のコンベンションセンターB-con PLAZAの国際会議場に会場をうつし、「未来」に向けたセッションを開催しました。第一部では、市民が担う『アートフェスティバル』を実践するアートNPOと、それに参加するアーティストが登壇。なぜ<地域>で<NPOが主体>となって<アート>のフェスティバルを開催するのか、その先に何を目指しているのかをプレゼンテーションしていただきました。
    小さな昔ながらのコミュニティ感が残る地域では、アートの先鋭性がもたらす地域との摩擦にも苦悩しながらも、だからこそアートをやる意義があるということを再確認するセッションとなりました。

    ▼会場風景・第二部
    ながい別府フォーラムもようやく最後のセッションを迎えました。最後のセッションでは、ラウンドテーブルになってディスカッションをおこないました。このセッションのテーマは「2008年に向けて」。なにをかくそう、地元の主催者であるBEPPU PROJECTが開催を予定している『大型国際現代芸術フェスティバル』の実現に向けて、このフォーラムに来たみなさんの知恵と力を貸してほしい!という切実な(?)願いをもったセッションでした。
    会場からの「なぜ現代アートなのか」という本質的な問いかけに始まり、「話会うならすべてをゼロにしてから話すべきだ」という意見や「ぜひやるべきだ!」という強い発言に勇気づけられ、最後には「協力する!」、「うちの地域でもフェスティバルをやろう」などとさまざまな発言が飛び出しました。
    このコンベンションホールで実施することにより、地域自治体や市民に対してもあるインパクトと信頼度を感じてもらうことができたのではないでしょうか。
    じじつ、BEPPU PROJECTは1年遅れてしまいましたが、ついに2009年春に『混浴温泉世界』と題する大型国際現代芸術フェスティバルをいくつかのNPOと連携する中で開催することが決まりました。初日に登壇した佐東氏が代表をつとめるJCDNによる踊りにいくぜ!や、モデレーターをつとめた甲斐氏の参加するremo、そしてアートNPOリンクやほかNPOも協力します。このフォーラムで実施した市内周遊ツアーの経験も活かされるはず。さらに『混浴温泉世界』というタイトル、竹瓦でのセッションもこのタイトルにその源泉を見ることができるようですね。着実にこのフォーラムが次につながっています。


    主催
    NPO法人 BEPPU PROJECT
    NPO法人 アートNPOリンク

    協賛  五十音順
    [青森 & 別府]
    アサヒビール株式会社、株式会社資生堂、トヨタ自動車株式会社、
    日本電気株式会社(NEC)

    [別府]
    株式会社エポックアート、大分県自動車学校、大分交通株式会社、
    大分みらい信用金庫、Colony Interactive株式会社、株式会社佐伯建設、
    株式会社トキハ 別府店、有限会社デザイン・マップ、
    株式会社日本航空 大分支店、NPO法人 ハットウ・オンパク、
    B-Con PLAZA、別府観光産業経営研究会、
    別府市旅館ホテル組合連合会、株式会社山下工芸

    後援
    大分県、別府市、大分県教育委員会、別府市教育委員会、
    社団法人企業メセナ協議会 、社団法人ツーリズム大分、別府商工会議所、
    社団法人別府市観光協会、日本アートマネジメント学会、
    大分合同新聞社、NHK 大分放送局、OBS 大分放送、
    TOS テレビ大分、OAB 大分朝日放送、エフエム大分、
    シティ情報おおいた、CTBメディア株式会社

    協力
    別府市泉都まちづくりネットワーク、NPO法人鉄輪湯けむり倶楽部、
    NPO法人別府八湯トラスト