全国アートNPOフォーラム2019 in 八戸

  • 全国アートNPOフォーラム2019 in 八戸
    「地域とアート」のこれからを拓く
    開催概要


    ▲ チラシダウンロード(PDF)


    平田オリザ・加藤種男・小林眞・宇野重規
    各地で文化芸術活動を展開するアーティストやグループ
    八戸工業大学創生デザイン学科


     1998年の通称「NPO法」制定から20年が過ぎました。この間、法人であるかどうかにかかわらず、全国各地で市民やアーティストが集い、さまざまなアイデアに満ちたアートの現場づくりがなされました。時を同じくして、アートプロジェクトや芸術祭といった、それまでは一般的でなかった形式での大小無数の展開が全国に起こり、現在も多くの人々を巻き込む状況となっています。また、メセナ活動も定着し、地場の文化を自ら支えることを経営理念に掲げる企業も増えつつあります。
     「全国アートNPOフォーラム2019 in 八戸」では、これらの活動を推し進めてきた人々、アーティスト、市民、企業、行政などが、垣根を越えて集い、活動の真意を伝えあうことを通して、『地域とアート』のこれからを拓きます。地域の魅力を発掘・発信し、市民みんなでつくる複合文化施設として、2月11日に開設8周年を迎える「八戸ポータルミュージアムはっち」をはじめ、地方都市の特性を活かした多様なプロジェクトを官民で展開している、青森県八戸市で開催するものです。全国のみなさんのご参加を心よりお待ちしています。



    日程:2019年2月9日(土)・10日(日)

    会場:八戸ポータルミュージアム はっち
       (青森県八戸市三日町11-1 )

    予約方法:入場は事前予約優先となりますので、下記アドレスまで申し込みのご連絡をお願いいたします。

    予約先メールアドレス:
       artnpo.hachinohe(a)gmail.com
       ((a)を@に変えてお送りください。)

    参加費:全プログラム無料


    プログラム
    《1日目》2月9日(土)|13:10〜18:30


    13:10〜15:00
    トーク1「市民/芸術文化/地域経済」
    会場:1階はっちひろば

     全国各地で展開する大小様々な文化芸術の取り組みを、市民主導、地域経済の視点も交えながら考えます。 平田オリザ氏は劇作家として世界的に活躍し、兵庫県豊岡市では城崎国際アートセンター芸術監督にあわせ、国際観光芸術専門職大学(仮称)など、文化芸術を軸とした地域活性に取り組んでいます。加藤種男氏は、アサヒアートフェスティバルに立ち上げから携わり、企業メセナ協議会を通して日本における企業による文化芸術支援を推し進めてきた中心人物のおひとりです。
     現在、文化を通したまちづくりに取り組む八戸市の小林市長も交えて、これからの予測・展望を語ります。


    平田オリザ(劇作家)× 加藤種男(クリエイティブディレクター)
    コメンテーター:小林眞(八戸市長)



    15:30〜18:30
    プレゼンテーション「地域/伝統/アート」
    全国のグループによる活動事例発表
    会場:1階はっちひろば

     全国各地の文化芸術分野で活動するアーティストや市民グループが集い、それぞれの活動について報告しあう「大プレゼン大会」を行います。地域に根ざし活動する各団体のそれぞれにユニークな活動のオンパレード。これからの地域を想い描く上で、アイデア満載のこの貴重な機会をお見逃しなく。
     八戸からは、現在進行するプロジェクトの紹介も予定されています。


    司会:皆川俊平(八戸工業大学講師/アーティスト)
       今川和佳子(アートコーディネーター)

    《2日目》2月10日(日)|10:30〜17:00


    10:30〜12:00
    トーク2「だから、自分たちの文化をつくる」
    会場:1階はっちひろば

     全国各地で、その土地の歴史や風土に根ざしたアートプログラムが展開されています。それは自分たちの文化を自分たちで作り上げていくという、「自治」にあたるものと言えるでしょう。
     政治思想史・政治哲学を専門とする宇野氏をお迎えし、経済の視点からだけでは見えにくい、アーティストや市民が自分たちで地域から芸術文化を発信することの意味と価値について、会場のみなさんとともに読み解きます。
     中高生向けの政治の講義を元にした近著「未来をはじめる」が話題になっている宇野氏。丁寧でわかりやすい語り口の中に、新しい文化や政治の語り方のヒントがあるかもしれません。


    宇野重規(東京大学教授、政治思想史・政治哲学)



    12:30〜13:30|【分科会1】
    「八戸のアカルイミライを考える」学生による地域デザインプロジェクト
    会場:5階 共同スタジオ

     八戸工業大学では「地域×デザイン」を基軸に、学生自らが主体者となって、地域を巻き込みながら展開していくデザインプロジェクトを行っています。この分科会では、創生デザイン学科3年生の授業成果と構想発表を、来場者とのディスカッションを行いながら進めていきます。

    コーディネート:八戸工業大学創生デザイン学科



    13:30〜15:00|【分科会2】
    「いま、アートを取り巻く問題とは何か」
    会場:1階 シアター1

     地域とアートに関わる活動は今や全国のさまざまな場所で行われています。しかし活動の主体者たちだからこそ抱える問題や、地域とアートが一般化した今になって気付く課題もあります。こうした問題や課題の共有と解決への糸口を探る議論を行います。

    コーディネート:アート・アンド・ネットワーク



    13:30〜15:00|【分科会3】
    「ネットワークの先にあるものは何か」
    会場:1階 はっちひろば

     2003年の「全国アートNPOフォーラム in 神戸」開催から数えて、16回目を迎える今回。これまで実に多様な全国各地の活動が行き交い、折り混ざり、交流を図ってきました。わたしたちは、これらの機会を重ねることを通し、得てきたネットワークを携え、どこへ向かうのでしょうか。あらためて「ネットワーク」の意味、意義、効果を検討し、その先を探ります。

    コーディネート:NPO法人アートNPOリンク



    15:30〜17:00|クロージング
    公開会議 〜参加者、来場者とともに〜
    「これからの『地域』と『アート』」

    会場:1階はっちひろば

     フォーラムの締めくくりとして、各地からの参加者や来場者の方々とともに、意見を交換しながら、これからの「地域」と「アート」について考える時間です。もちろん聞いているだけでもOK。自分たちの地域の文化・アートについて一緒に考えましょう!ふるってご参加ください。



    会場   八戸ポータルミュージアム はっち
    〒031-0032 青森県八戸市三日町11-1
    TEL.0178-22-8228
    FAX.0178-22-8808
    E-mail hacchi@city.hachinohe.aomori.jp



    アクセス
    〈バス〉八戸駅東口から八戸市中心街方面行き約25分。
        「八戸中心街ターミナル(八日町)」下車すぐ
    〈鉄道〉八戸駅からJR八戸線「本八戸駅」下車徒歩約10分
    〈車〉八戸駅から車で約20分
    〈航空機〉三沢空港から八戸市内シャトルバス約55分
    〈フェリー〉八戸港フェリーターミナルから車約15分


    プロフィール(敬称略/五十音順)
    平田 オリザ(ひらた おりざ)
    1962年東京生まれ。劇作家、演出家。
    劇団「青年団」主宰、こまばアゴラ劇場芸術総監督、城崎国際アートセンター芸術監督。大阪大学COデザインセンター特任教授、東京藝術大学COI研究推進機構特任教授、四国学院大学客員教授・学長特別補佐。1995年『東京ノート』で第39回岸田國士戯曲賞受賞。2011年フランス国文化省より芸術文化勲章シュヴァリエ受勲。近年はフランスを中心に各国との国際共同製作作品を多数上演のほか、コミュニケーション能力向上のためのワークショップ授業も実施。全国自治体との関わりも多岐にわたり、豊岡市文化政策担当参与、岡山県奈義町の教育・文化まちづくり監もつとめる。


    加藤 種男(かとう たねお)
    クリエィティブ・ディレクター。アサヒビール株式会社企業文化部を経てアサヒビール芸術文化財団事務局長。アサヒ・アートフェスティバルなど多数の企画を立ち上げる。2004〜10年横浜市芸術文化振興財団専務理事兼大佛次郎記念館館長。12〜17年企業メセナ協議会専務理事。そのほか京都造形芸術大学客員教授、文化審議会政策部会委員など歴任。芸術選奨文部科学大臣賞受賞。『芸術文化の投資効果−メセナと創造経済』(2018 水曜社)が好評。アートNPO リンク理事。

    小林 眞(こばやし まこと)
    1950年青森県八戸市生まれ。1975年東北大学法学部卒、青森県庁入庁。1979年自治省(現総務省)入省。1991年浦和市(現さいたま市)企画部長に就任し浦和市、大宮市、与野市の合併に携わる。1997年から自治省で財政局指導課理事官、交付税課理事官など歴任。2001年全国市長会行政部長、2003年自治医科大学大学事務部長。自治財政局財務調査官の2005年に総務省を退職し八戸市長に就任、現在4期目。

    宇野 重規(うの しげき)
    1967年東京都生まれ。東京大学社会科学研究所教授。専門は政治思想史、政治哲学。博士(法学)。著書に、『デモクラシーを生きる−トクヴィルにおける政治の再発見』(創文社、1998年)、『〈私〉時代のデモクラシー』(岩波新書、2010年)、『民主主義のつくり方』(筑摩選書、2013年)、『保守主義とは何か−反フランス革命から現代日本まで』(中公新書、2016年)、『未来をはじめる「人と一緒にいること」の政治学』(東京大学出版会、2018年)ほか。

    アート・アンド・ネットワーク(AAN)
    「市民が自らつくり出すアートのお祭り」のコンセプトのもと、2016年度に15年間の活動を終えたアサヒ・アート・フェスティバル(AAF)。全国のさまざまな規模のアートNPO・アートプロジェクトによるAAFのネットワークを母体に、有志によってAANは生まれた。地域とアート、文化振興と政策などを議論し組み替えていく活動の主体者たちによるネットワーク。
    facebookページ アート・アンド・ネットワーク
    https://www.facebook.com/pg/artsandnetwork/about/




    主催
    八戸市(八戸ポータルミュージアム はっち)
    特定非営利活動法人 アートNPOリンク

    企画・制作
    特定非営利活動法人 アートNPOリンク
    一般社団法人 アーツグラウンド東北
    アート・アンド・ネットワーク

    協力
    八戸工業大学創生デザイン学科
    オフィス・へなちょこ

    当事業は、八戸ポータルミュージアムはっち開館8周年記念事業です。
    2019年2月11日ではっちは開館8周年