art NPO link

全国アートNPOフォーラム in フェスゲ!

  • フェスゲ!フォーラムは終了しました。

    全国アートNPOフォーラム in フェスゲ! 開催概要
    新★世界的公共の実践
    It's New World Development

       ▽ 申込方法   スケジュール・内容  講演者プロフィール



    日時   2007年2月24日(土) 14:00〜21:00(交流会含む)

    会場   Art Theater dB

    アクセス マップ

    料金   ¥2,000 (交流会は別料金)

    チラシ
         (表面|JPEG)
    ※このチラシは、全国アートNPOフォーラムinフェスゲとトヨタ・アートマネジメントフォーラム2007分科会D アートNPOリンク企画セッションが一緒になっています。


    趣旨
    どうする!どうなる?フェスティバルゲート
    市民主導の公共施設運営の可能性を探る
    2002年、公設置民営方式でスタートした大阪市による「新世界アーツパーク事業」。異なる4つの分野のアートNPOは、これまで大阪・新世界や日本橋の地域などとも深く関わりながら、商業娯楽施設『フェスティバルゲート』を拠点にさまざまな活動を繰り広げてきました。
    そのフェスティバルゲートは、これまで何度も存続の危機に直面し、とうとう本年7月にいったんすべてがリセットされることとなり、その後の“暫定的公共利用”に向けた運営プランの公募が行われます。
    このフォーラムでは、新世界アーツパーク未来計画実行委員会が提出する『フェスティバルゲート再生計画』をもとに、アートNPOが社会にどのような役割を果たせるかを自問しつつ、広く他ジャンルのNPOや企業などと連携をはかる市民主導の公共施設運営の可能性を探ります。
    はてさて、新世界ならではの公共施設が本当に実現するのか!?…会場のみなさんを交えてのディスカッションを行います。乞うご期待!


    スケジュール・内容
    事情により、出演者、プログラム、会場等を急遽変更する場合がありますが、その際はご容赦ください。
    (敬称略)


    ▼ 2007年2月24日(土)
    14:00  フォーラムスタート・挨拶
    14:10  講演「創造都市と大阪」
         杉浦幹男
         新たな都市活性戦略『創造都市』。世界的に注目されている創造都市とはなにか。
         ここ大阪で創造都市の本質に迫る。
    14:40  ラウンドテーブル(講演を受け、会場を交えてディスカッション)
    15:30  講演「アートとソーシャル・インクルージョン」
         播磨靖夫
         さまざまな文化や人が豊かに共生する社会=インクルーシブ・ソサエティの
         実現に向け、アートが果たしうることは何か。
    16:00  ラウンドテーブル
    18:00  プレゼンテーション「フェスティバルゲート再生計画」
         新世界アーツパーク未来計画実行委員会
    18:30  ラウンドテーブル
    20:00  交流会


    ▼会場風景
    緊急開催となった、『全国アートNPOフォーラムinフェスゲ!』。市民主導による公共施設の運営の可能性を探ることを目的に、フェスティバルゲートの一連の経緯を報告。先行き不透明な状況におかれることになった3NPOの立場や現状について意見交換がなされました。
    クリエイティブシティの観点からみたフェスティバルゲートの事例や大阪の事例紹介を杉浦氏に、社会的包摂・多様な人々が共存する社会「ソーシャル・インクルージョン」とアートの関係の深さについて財団法人たんぽぽの家・日本NPOセンター理事長の播磨氏に講演をいただきました。
    急な開催であったにも関わらず、大阪のアート関係者やメディアの関心は高く、たくさんの方に集まっていただきました。

    ▼交流会風景
    フォーラムで頭を駆使したあとは、脳ほぐし。交流会を楽しみましょう。アートNPOフォーラムでは、交流会を重視しています。ぶっちゃけた感想や話ができるのも交流会ならでわのもの。人と人を紹介しあって、新しい関係も育まれます。


    講演者プロフィール
    杉浦幹男 すぎうら みきお
    大阪市立大学 都市研究プラザ特任講師
    専門はコンテンツ産業政策、芸術文化政策、都市政策。大阪デジタルコンテンツビジネス創出協議会、プロジェクト・マネージャー。東京藝術大学美術学部卒業。


    播磨靖夫 はりま やすお
    財団法人たんぽぽの家理事長/社会福祉法人わたぼうしの会理事長/エイブル・アート・ジャパン常務理事/特定非営利活動法人日本NPOセンター代表理事
    新聞記者を経てフリーのジャーナリストとなり、市民運動として障害のある人たちの生きる場「たんぽぽの家」づくりを展開する。またアートと社会の新しい 関係をつくるエイブル・アート・ムーブメント(可能性の芸術運動)の提唱やボランティア活動など民間非営利セクターの形成を通した新しい市民社会づくりを試みている。
    編著書に「みんな同じ空の下で生きている」(青也コミュニケーションズ)、「生命の樹のある家」(たんぽぽの家)ほか。



    主催
    NPO法人 アートNPOリンク
    新世界アーツパーク未来計画実行委員会
       NPO法人 記録と表現とメディアのための組織
       NPO法人 こえとことばとこころの部屋
       NPO法人 ダンスボックス
       NPO法人 ビヨンドイノセンス



    協力
    NPO法人芸術と計画会議C.A.P.、NPO法人国際芸術文化センター (その他、現在申請中)

    後援
    NPO法人大阪NPOセンター、大阪市立大学大学院創造都市研究科、大阪市立大学都市研究プラザ、近代産業遺産アート再生学会、クリエイティブ・カフェ事務局、新世界町会連合会 (その他、現在申請中)