全国アートNPOフォーラムin鳥取 閉会のことば

  • 全国アートNPOフォーラム in 鳥取
    閉会のことば 〜 ARTSNPO AID


    前文
     わたしたちは、アートの力が地域を元気付ける助けになることを期待して、当初「トットリデハッタリ」と題して、トットリの事例を中心に紹介し、全国の仲間と可能性と課題を検討するための、フォーラムを計画しました。今般の大地震を受けて、実施すべきかどうかに最後まで悩んだけれども、困難なときこそアートが支えになってくれたという実感をかすかな拠り所として、その内容を変え、「わたしたちにできること」「わたしたちがするべきこと」を考え実行に移すために、あえて開催に踏み切りました。

     フォーラムが終了した今、2日間にわたる議論の内容を、以下のようにとりまとめました。長きにわたる被災地における復興への道のりにおいて、それぞれの場で今、アートに出来ることを考え、実践していくことの決意を、以下の内容を閉会に際しての宣言として言葉にしました。なお、今後はアートNPOリンク事務局が、被災地におけるアーティストならびにアートNPOによる表現の回復を推進するプラットフォーム『アートNPOエイド・プラットフォーム(仮称)』を形成していきます。

    全国アートNPOフォーラムin鳥取「トットリデハッタリ」
    閉会のことば
    「トットリデバッタリ〜互いの知恵を、未来に。」


     2011年3月11日、宮城県沖で発生した「東北地方太平洋沖地震」による未曾有の大災害は、ここに集う全ての人々に深い悲しみをもたらしました。発生から1週間以上を経過したものの、現地の被害状況はより深刻化の度を増していると言わざるを得ません。

     今回の災害では、広域的な災害であることに加え、国家によって推進されてきた原子力政策の負の側面が露呈しました。有史以来、多様な生命や文化と共生をしながら、わたしたちは極めて文化的な営みを送ってきたにもかかわらず、この200年のあいだに自らの手で生み出してきた高度文明や経済活動によって、自らの未来をも閉じたものにしてしまうという危機を目の当たりしたと言っても過言ではありません。

     そうしたなか、わたしたちアートNPOは鳥取の地に集い、「わたしたちに、できること。アートとNPOに、できること。」を2日間にわたって語り合い、具体的なアクションプランについて議論しました。阪神・淡路大震災を経験したアートNPOからは「現地にかけつけてダンスを踊ったところで、これがなにになるのかという無力感」が、東京を拠点とするアーティストからは「ささいな楽しみの機会さえも自粛しなければならないのかという虚無感」が、午前中に行われたワークショップの参加者からは「あまりの楽しさに地震を忘れてしまったことへの罪悪感」など、それぞれの思いが生のことばで吐露されていきました。

     言うまでもなく、災害は悲しいものです。しかし、アートNPOは、ただ悲しみにくれているだけであってはならないでしょう。実際、阪神・淡路大震災の折には、白塗りをした舞踏団が現地でダンスをすることで、人々が笑いを取り戻したとも言います。例えばワークショップの手法に長けたアートNPOが、ただ押しくらまんじゅうを行うだけでも、そこには、今を生きる人々の「いのち」への確かな実感をかき立てることもあります。

     そこでわたしたちアートNPOは、災害サイクルにおける救急・救命期の後に訪れる、救援そして復興の段階に向けて、各々が持っている資源や専門性に基づき、被災された人々に寄り添い、希望に満ちた未来を創造する、豊かな文化的実践に取り組んでいくことを、ここに表明します。

     わたしたちは、この災害を決して忘れません。なぜなら、わたしたちもまた、突然奪われた多くの人、物、文化、地域の遺族であるからです。災害により喪われた人々と遺族に深く哀悼の意を表すとともに、直接・間接を問わず被災された全ての人々にお見舞いの意味を込め、こうして集うことができた人々の確固たる連帯を互いに約束します。

    2011年3月20日
    全国アートNPOフォーラムin鳥取



    Introduction

    With the belief that art can help to vitalize communities, we planned a forum―initially titled Tottori de Hattari―using examples centered on Tottori in order to explore issues and possibilities with friends from throughout Japan. In light of the recent major earthquake, we struggled up until the last moment with whether or not to hold the forum, but with our only faint guide the instinct that it is precisely in times of trouble that art can provide us with bearings, we changed the theme and decided to proceed in order to think about what it is that we can and should do, then do it.
    Now that the forum has ended, we have summarized two days’ worth of debate below. In the declaration at the end of the forum, we put into words our thoughts on what it is that art can do now in each place on the long road to recovery in affected areas, and our determination to do those things. The office of the arts nonprofit Link will put together a platform known as Arts Nonprofit Aid Platform (tentative name) to promote the revival of expression by artists in the disaster area and arts nonprofits.


    Arts Nonprofit Forum in Tottori: Tottori de Hattari
    Closing Remarks
    Tottori de Battari Sharing Knowledge for the Future


    The unprecedented damage resulting from the Tohoku earthquake and tsunami that occurred off the coast of Miyagi prefecture on March 11, 2011 has caused everyone gathered here great heartache. Though over a week has passed since the disaster occurred, there is little choice but to say that the seriousness of the situation at the disaster site has grown.
    This disaster, in addition to affecting a large area, has also exposed the negative aspects of the nuclear energy policy pushed forth by the Japanese government. It is not an exaggeration to say that, despite having conducted highly cultural pursuits while co-existing with a variety of cultures and forms of life since the beginning of history, we saw before our very eyes the risk of the future being eliminated by the advanced civilization and economic activity we have produced with our own hands in the past 200 years.
    It is in this context that we arts nonprofits gathered in Tottori, talked for two days about the themes of what we can do and what art nonprofits can do, and debated specific plans of action. The discussion included the live words of an art nonprofit that had experienced the Great Hanshin earthquake and felt powerless about its ability to effect change with a dance at the disaster site, the emptiness felt by a Tokyo-based artist at having to “voluntary restrict” opportunities for even a small amount of fun, and the guilt felt by a participant in a morning workshop who had gotten caught up in the fun and forgotten the earthquake.
    The disaster is, of course, a reason to be sad. Arts nonprofits cannot merely give in to sadness though. In fact, during the Great Hanshin earthquake, we were able to return smiles to people’s faces with a dance at the disaster site by a butoh troupe covered in white makeup. Just by holding children’s games, an arts nonprofit skilled in workshop methods was able to create a firm awareness of life for those living the present moment.
    We arts nonprofits assert that we will work to conduct a wealth of cultural activities in order to create a future filled with hope alongside those people who were affected by the disaster, based on the resources and expertise that each of us has, in anticipation of the relief and reconstruction that follow the emergency and rescue period in the disaster cycle.
    We shall surely not forget this disaster, because we are the survivors of the many communities, cultures, objects and people who were suddenly taken away. As we express our deep condolences to the bereaved and those who were lost to the disaster, as well as our heartfelt sympathy for those who were affected by the disaster directly or indirectly, we promise the unyielding solidarity of the people gathered here.

    March 20, 2011
    Arts Nonprofit Forum in Tottori